2011年5月29日日曜日

小石川植物園_東京大学_ムセイオン

小石川植物園に足を運んだのは、今回が3度目。
1回目は月曜日で休園日だった。2回目は閉園時間の午後4時を過ぎていた。
今回、やっと入れた。
豊かな緑とビル
小石川植物園は、日本でもっとも古い植物園。
(日本で2番目に古い植物園は、1886年に開園した北海道大学植物園)
マリアアザミ(紀元前から種を肝臓疾患に利用)
正式名称は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園・本園。
分園は、栃木県日光市にある。
分類標本園(とても見やすい見本園)
薬園保存園(管理と改修が必要)
・1638年 徳川幕府は、江戸の南 (現在の南麻布) と北 (現在の護国寺付近) に薬園を開設するが、護国寺の設立に伴い、麻布南植物園に移設
・1684年 麻布南薬園を小石川御殿内の北側に移す
・1722年 小石川薬園内に養生所を開設
・1923年 関東大震災被災者の一部を植物園内に収容
・1945年 戦災で温室、黒門、集会所、教室跡建物を完全焼失
・1998年 東京大学大学院理学系研究科附属植物園と改称
サクラ林(緑陰で一休み)
日本庭園(シラサギと池にはコイやカメ)
面積161,588㎡、台地、傾斜地、低地、泉水地などの変化に富む地形に、約4000種の植物が植栽されている。精子発見のソテツ、イチョウ。ニュートンのリンゴの他、大きく育った樹木に包まれる空間が多い。未公開部分では、野菜の栽培もしているようだ。薬園保存園の管理が不十分であったのが残念。
ミズバショウ(花は見られず)
ラクウショウ(水辺の気根)
東京大学基金「Life in Green」プロジェクト。
第1期として、緊急な温室の建て替えと、これに関連する栽培施設などの整備を、2012年末までに完了することを目指している。
http://green.todai-kikin.jp/cat6586351/index.html

メタセコイア(生きている化石)
ボダイジュ並木(スズカケノキやユリノキなどの高木が続く)
ヒノキ林(深呼吸をゆっくり)

●世界最古の植物園:エジプトのアレクサンドリア図書館付属植物園
ムセイオンの施設の一部。

[ムセイオン(ムーセイオン)Mouseion)]
ムセイオンは、古代エジプトのアレクサンドリアに興った世界初の学問、教育、 文化、 芸術などの総合施設。ミューズMuse(芸術、学術、科学の9人の女神)の神殿、女神の霊感を受けた学芸に関連した土地も意味する。プラトンのアカデメイア、アリストテレスのリケイオン以来、学園内に女神たちの聖所があったことから、アレクサンドリアで教育・研究機関の名称となった。博物館、美術館(Museum)の語源。

●イギリス最古の植物園:オックスフォード大学植物園 。
大学医学部によって、医学研究用植物の栽培を目的にした薬草園が1621年に開園。
●世界最大のコレクション:英国王立キュー植物園
約4万種のコレクションを誇る、キュー植物園(Royal Botanic Gardens, Kew)は、1759年に宮殿併設の庭園として創立。